漆作業開始

まず、第一弾はこれ。
a0224147_11405537.jpg

とても使い勝手がよくて、気にいっている入れ子の重箱。先日、花見で使ったとき、ふたのふちがかけてしまったのです。木地は、木目にそって割れやすいです。

もちろん、漆をやる人は、それで捨てたりしません。何度も補修して、塗りなおして使えるのが漆器ですから。

で、割れたところを麦漆(小麦粉と漆を混ぜたもの)で接着し、その上に和紙を貼りました。一か所だけだとバランスが悪いので、両側に(ここも割れやすい場所だ!)。

補修の作業は、新しいものを作る以上に手間がかかります。しかし、これまでとまったく違うものに生まれ変わるという楽しみもあります。
[PR]
by yasano0828 | 2012-04-23 11:49 | Comments(0)