「ほっ」と。キャンペーン
うちにはたくさんのお雛様がいます。そのなかで一番素朴なカップルがこの子たち。
土人形です。
a0224147_20333358.jpg

[PR]
# by yasano0828 | 2016-02-11 20:34 | Comments(0)
最近食べ物ネタばかりだなぁ~。
雪うさぎは黄身餡、ピンクの梅模様は粒餡。
最近、上生菓子にはまってます。「和菓子のアン」坂木司を読んでから。
a0224147_11071199.jpg



[PR]
# by yasano0828 | 2016-02-07 11:16 | Comments(0)
さつまいもと細切り昆布の煮物。かぼちゃバージョン作ってみました。じゃがいもバージョンもあるそうな。
a0224147_00342893.jpg

[PR]
# by yasano0828 | 2016-01-30 00:36 | Comments(0)
a0224147_08320078.jpg
昨日27日から始まりました。私も3点出品しています。お時間のある方は、日本橋三越へ! 31日には、師匠がギャラリートークで作品解説します。


[PR]
# by yasano0828 | 2016-01-28 08:36 | Comments(0)
おいしいサツマイモをいただいたので、この料理。サツマイモと昆布の相性がいいんですよね~。昆布は、細切りのこれじゃないとダメです。
a0224147_09262815.jpg

[PR]
# by yasano0828 | 2016-01-21 09:28 | Comments(0)
見本として作ったお椀。
内側は螺鈿を蒔いてピカピカに。外側は和紙を張って色漆で押さえました。
どんな色がいいかと白、朱、黒で試してみたのですが、結局は白に決定。

a0224147_10523485.jpg
これは見本だけど使っています。
そして発見! 使って洗って拭いて、使って洗って拭いてを繰り返していると、漆の肌はしっとりしてきます。作品として磨き上げたときよりも、ずっと優しい手触りになる。やっぱり漆器は使ってあげなきゃ~と思います。

完成品は、1月末に日本橋三越で行われる漆芸展にだします~。

[PR]
# by yasano0828 | 2016-01-11 10:55 | Comments(0)
a0224147_11000505.jpg
昨年お知り合いになった作家さんの一人。
今、銀座松屋デパートで個展をなさっています。
これ、乾漆づくりです。乾漆とは、麻布や紙を土台にして漆を塗り重ねていったもの。
この皿も土台も紙です。しかも、プレスされた紙皿~~!!!
なんと楽しい発想なのでしょうか。確かに、これ、乾漆だわ! 
もちろん、紙皿の上にさらに麻布を張ったりして、強度を与えています。
そして、そこにさまざまな独創的な絵。
しかも、見えます? 漆の上を引っ掻いて、下の色が見えるようにしてるんですよ。
a0224147_11033138.jpg
絶対、真似したい技法です。漆は乾くまでに時間がかかるので、引っ掻く線をどのくらいの太さにしておくべきか、どのくらい乾いているときに引っ掻くのがいいか、いろいろ実験が必要そうです。

でも、こういう技法を惜しげもなく教えてくださるのは、「そんなこと真似したって、私の作品は私のものさ!」という気持ちがあるからですね。
「学ぶ」の元は「真似る」こと。さらにそこに個性が加わって作品になります。

個展会場は7階で、12日5時までです。
一杯お話を聞いてください。

[PR]
# by yasano0828 | 2016-01-07 11:12 | Comments(0)
a0224147_11000505.jpg
昨年お知り合いになった作家さんの一人。
今、銀座松屋デパートで個展をなさっています。
これ、乾漆づくりです。乾漆とは、麻布や紙を土台にして漆を塗り重ねていったもの。
この皿も土台も紙です。しかも、プレスされた紙皿~~!!!
なんと楽しい発想なのでしょうか。確かに、これ、乾漆だわ! 
もちろん、紙皿の上にさらに麻布を張ったりして、強度を与えています。
そして、そこにさまざまな独創的な絵。
しかも、見えます? 漆の上を引っ掻いて、下の色が見えるようにしてるんですよ。
a0224147_11033138.jpg
絶対、真似したい技法です。漆は乾くまでに時間がかかるので、引っ掻く線をどのくらいの太さにしておくべきか、どのくらい乾いているときに引っ掻くのがいいか、いろいろ実験が必要そうです。

でも、こういう技法を惜しげもなく教えてくださるのは、「そんなこと真似したって、私の作品は私のものさ!」という気持ちがあるからですね。
「学ぶ」の元は「真似る」こと。さらにそこに個性が加わって作品になります。

個展会場は7階で、12日5時までです。
一杯お話を聞いてください。

[PR]
# by yasano0828 | 2016-01-07 11:12 | Comments(0)
1月1日、初ウォーキング。生田緑地内の枡形山山頂には展望台があります。
方角ごとに干支が付いています。申の方角の向こう、真っ白な富士山が見えるの、わかりますか?

a0224147_19403227.jpg

2016年が、皆様にとっていい年になりますように。
[PR]
# by yasano0828 | 2016-01-01 19:42 | Comments(0)
越前(福井県鯖江市)に漆の取材に行ってから、風邪をひいてしばらくグズグズしていました。グズグズしながらの原稿書き、、、、。能率あがらな~い。
その間、いろいろなイベントがあり、一時期は声が出なくなりました。
で、楽しみにしていた忘年会をキャンセルしたりして、、、、、。
人間は健康でないとだめですね、ほんと! 
なんとか立ち直った今日この頃ですが、気がつけば、もう年の瀬。

今年は(も)たくさんいろいろなことがありました。
支えてくださった皆様、本当にありがとうございました。
年末年始、他からメールも電話も入らないので、ゆっくりできます。仕事も集中できます。

フリーランスの一人者の気楽なお正月です。
[PR]
# by yasano0828 | 2015-12-29 15:52 | Comments(2)
命のすべてをありがたくいただく。
a0224147_11562479.jpg
おいし~~。
翌日は海老味噌汁の残りでオジヤ。出汁がたっぷり。
そして人の輪を感じるなぁ~~。
[PR]
# by yasano0828 | 2015-12-14 11:56 | Comments(0)
沈金というのは漆の加飾法の一つ。ピカピカに磨かれた漆面に沈金刀という刃物で点や線を彫り、その中に金粉や金箔を埋め込みます。つまり、金色に見えているところは彫ってあるところということです。

a0224147_1839988.jpg


鳥毛清さんという作家は、絵を描くのが大好きな人です。特に動物の表現は絶妙。毛並みの軟らかさや目の鋭さなど鉛筆だって表現できないくらい。

ご本人によれば、それぞれの動物の持つ性格、周りの空気感も表しているのだとか。イグアナの滑っとした感じ(漆の題材にイグアナなんか使うところがこの人らしい!)、ヒョウの緊迫した感じ、など、まさにそのとおり!

鳥毛さんもまた、前回の箱瀬さんと同じように、制作を楽しんでいます。奇しくも同じ還暦!ということで、私はよけい親近感を覚えます。そのくらいの年になると、人間、自由になれるんでしょうか……。
鳥毛さんは、沈金という技法にこだわらず、ご自分の好きなものを表現しています。表現するとき、その素材がたまたま漆や金だったということのようです。

会場で、ぜひ本物を見て、そして制作裏話を聞いてください。一つ一つの作品に物語があります。
銀座・和光ホールで。12月13日(日曜)まで。
a0224147_1853487.jpg

[PR]
# by yasano0828 | 2015-12-05 18:59 | Comments(2)
友人がやっているフラワーアレンジメント教室で体験レッスンをさせてもらいました。悩みに悩んで作ったクリスマスツリー2点(悩んだ時間の割りにはシンプルな出来……)。

ドイツトウヒという木の実(松ぼっくりの巨大なヤツ)をツリーに見立てて、飾りをつけました。
a0224147_2229733.jpg


木の実、ドライフラワー、グリーン、モス(苔みたいなもしゃもしゃしたもの)、リボンなど、実にいろいろな材料がありました。
私が知らない世界、まだまだたくさんあるなぁ~~!
[PR]
# by yasano0828 | 2015-11-29 22:36 | Comments(0)
中学時代の友人がいる長野県伊那市へ。初めてリンゴ狩りを体験させてもらいました。
a0224147_19223813.jpg


リンゴ・ジャグリングしてるみたい~~。
畑でむいてもらって食べたリンゴは、冷えていて最高! 冷蔵庫で冷やすのとはちがうんだね。
[PR]
# by yasano0828 | 2015-11-26 19:24 | Comments(2)
a0224147_17392024.jpg


輪島の漆作家・箱瀬淳一さんが銀座和光で個展を開いています。和光での開催は10年ぶり。作家にとって、和光でできるというのはかなり大変なことなのです。
還暦だから60×10で600点という目標を立てていたというけれど、実際には700点以上の蒔絵作品が並んでいます。
圧巻は100点の蓮華、100点の小皿など。小さい作品でも、1本の線も手を抜いていないのがわかります。丁寧な仕事です。
でも、なにより、箱瀬さん自身が楽しんでいることがよ~~くわかります。「僕が楽しんでいないものは、お客さんにとっても楽しくないだろう」とのこと。全くそのとおり! 
日本が誇る蒔絵を、ぜひ見てください。30日まで。28日にはギャラリートークもあります。
[PR]
# by yasano0828 | 2015-11-22 17:54 | Comments(2)
芸大漆芸研究室の講師を務める松崎森平さんの個展に行ってきました。
特徴は薄貝の裏に伏彩色をした色とりどりの螺鈿。
よ~く見ると、貝の裏の細工にもいろいろな工夫(実験?)がなされている。
貝の割り方、貝の色合い、色漆の使い方など、勉強になりました。
a0224147_0471955.jpg

漆の栞というのは素敵なアイデア。あまりに可愛いので、私は2枚購入。額にして飾ろっと。

これからが楽しみな人です。
24日まで。日本橋三越本館6階 美術工芸サロンで。
[PR]
# by yasano0828 | 2015-11-21 00:53 | Comments(0)
輪島で漆を学び、漆芸作家として活動している女性、スザーン・ロスさんが本を出版しました。ロンドンの美術館で蒔絵作品を見て、漆を学ぼうと来日して、30年。スザーンさんの子供時代からの思い、漆との出会い、そして、人生で大切にしていることが書かれている本です。
a0224147_945476.jpg

彼女は漆が大好き! 漆だけでなく、日本の伝統文化について、日本人について、歴史について、深い興味を持っています。こんなにも日本を、漆を愛してくれている人、日本のことを心配してくれている人はいないでしょう。

「漆に魅せられて」スザーン・ロス 桜の花出版 042-785-4442 1400円+税
アマゾンでも購入できます。
[PR]
# by yasano0828 | 2015-11-13 09:05 | Comments(0)
友人に注文いただいたお椀。塗り立てでできました。
デザインはお任せということだったのでちょっと遊んでみました。気にいってもらえるかな~~。ドキドキ
a0224147_17184128.jpg

[PR]
# by yasano0828 | 2015-11-05 17:20 | Comments(0)
落ち葉がチラホラ。森の中では、木の実が落ちる音でびっくりすることがあります。
a0224147_128142.jpg


今日は散歩日和です。休日で、何かイベントをやっているようですよ。
[PR]
# by yasano0828 | 2015-11-03 12:09 | Comments(0)
大阪で仕事があったので、前日から関西入り。久々の奈良です。
夜着いて、午後には大阪へ。たった4時間だけど奈良の空気を吸って歩きました。

新薬師寺近く高畑の風景。
a0224147_8532754.jpg

東大寺戒壇院へ向かう土壁の道。
a0224147_8541681.jpg


奈良市写真美術館では、入江泰吉さんの回顧展をやっていました。入江さんの家(戒壇院そば)も公開されていました。意外と質素なおうち。
[PR]
# by yasano0828 | 2015-10-30 08:58 | Comments(0)