並河靖之の「七宝」

今日は目黒にある東京都庭園美術館に行ってきました。
並河靖之の「七宝」! すごい技術です~~~。必見!
a0224147_2033360.jpg


並河は京都の武家の出。明治維新後、七宝を始め、輸出用美術工芸品を多く作りました。明治期の精巧な工芸品は、博覧会を通じて海外に広められました。それが明治政府の政策だったのです。ですから、明治期のすごい作品は、海外に散らばっています。
今回展示されている作品もイギリスのヴィクトリア&アルバート美術館のものや、京都の清水三年坂美術館(ここは海外から名品を買い戻しているところ)のものが多かったです。
貴重な日本の宝! 気の遠くなるような細かい作業! 蒔絵以上だと思いました。

実は、私の祖先に、七宝の工人がいたのです。平塚茂兵衛という人。この人の作品も、多く海外に行っているそうです。
七宝! 一度、体験してみたいな~~。
[PR]
by yasano0828 | 2017-02-05 20:23 | Comments(0)