「ほっ」と。キャンペーン

原田城二さんの漆展

a0224147_11000505.jpg
昨年お知り合いになった作家さんの一人。
今、銀座松屋デパートで個展をなさっています。
これ、乾漆づくりです。乾漆とは、麻布や紙を土台にして漆を塗り重ねていったもの。
この皿も土台も紙です。しかも、プレスされた紙皿~~!!!
なんと楽しい発想なのでしょうか。確かに、これ、乾漆だわ! 
もちろん、紙皿の上にさらに麻布を張ったりして、強度を与えています。
そして、そこにさまざまな独創的な絵。
しかも、見えます? 漆の上を引っ掻いて、下の色が見えるようにしてるんですよ。
a0224147_11033138.jpg
絶対、真似したい技法です。漆は乾くまでに時間がかかるので、引っ掻く線をどのくらいの太さにしておくべきか、どのくらい乾いているときに引っ掻くのがいいか、いろいろ実験が必要そうです。

でも、こういう技法を惜しげもなく教えてくださるのは、「そんなこと真似したって、私の作品は私のものさ!」という気持ちがあるからですね。
「学ぶ」の元は「真似る」こと。さらにそこに個性が加わって作品になります。

個展会場は7階で、12日5時までです。
一杯お話を聞いてください。

[PR]
by yasano0828 | 2016-01-07 11:12 | Comments(0)